ピカピカ!お得に家を修理

>

修繕したいところと言えば

屋根

まずは修理をする前に自宅の屋根にどのような材料が作られているのか知る必要があって、屋根の種類によって、修理の仕方も値段も変わってくるようです。
調べてみると屋根の種類だけで13種類もあるそうです!
びっくりですね。
部屋の窓から周りを見回してみると、確かに色々な屋根を見ることが出来ます。
では屋根の修理にはどの程度、お金がかかるのでしょうか。
雨漏りなどの修理となると一か所あたり25000円くらいが平均のようです。
ただし、雨漏りによって壁の内側や壁紙の張替えなどが必要な場合もありますので、もう少しかかると思っていた方が良さそうです。
他にも瓦の工事や防水工事などがありますが、こちらは3000円くらいから出来るようですが、範囲が広くなると値段も上がってくるようです。

外壁

では外壁はどうなのでしょうか。
壁を壊して付け替えることはリフォームになるので、ここでは省かせて頂きます。
私は一度外壁塗装の見積もりをとったことがあるのですが、結構な高額でびっくりしました。
当然ですが、壁の広さで金額も変わってきますし、どんな色を塗るのかで金額も変わってきます。
ここで、その塗装業者さんが教えてくれたことがあるのですが、全体の壁の広さで金額を出すのではなく、窓などの塗らない範囲は除外しなければならないため、見積書の内容にきちんと記載されているか注意した方がいいということです。
壁の広さから窓などの範囲を省いた範囲が実際に塗装される範囲となるため皆さんも気を付けて見積書を見るようにしましょう。
また、ペンキ代だけでなく、塗装するための足場代なども含まれます。
120万円くらいが平均だそうです。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑